教育長ブログ

文科省→起業→熊本市教育長。45歳。悪性リンパ腫サバイバー。

熊本市の教育が目指すもの

f:id:endohiromichi:20200918010234j:plain

熊本市の教育が目指すものを1枚で表したのがこちらです。先日の講演で使った資料です。

「豊かな人生とよりよい社会を創造するために、自ら考え主体的に行動できる人を育む」を、令和2~5年度の教育振興基本計画の基本理念(市長が定める「教育大綱」の要約でもあります)としました。これは、OECDが2030年までの教育のビジョンに掲げるAgency(エージェンシー)という考え方に沿ったものです。

点線内にある、「働きかけられるというよりも自らが働きかける」「型にはめ込まれるというよりも自ら型を作る」「他人の判断や選択に左右されるというよりも責任を持った判断や選択を行う」というのは一見、一部の尖った人が言っているようなことにも聞こえますが、決してそうではありません。OECDの各国が共同して作り上げた、国際的に共有された目標であり、これから各国がこうした教育を進めていくわけです。

熊本市も、この理念を全ての学校が実現できるよう、日々の授業改善や学校全体の改革を進めていきます。