教育長ブログ

文科省→起業→熊本市教育長

ICTは文房具なのか?

よく「ICTは文房具だ」という言い方がされますが、実は私はその言い方には違和感があります。

文房具は普通、自己負担です。もし1人1台端末が文房具なら、全て公費で整備するのは変でしょう。なので、「自己負担でBYODにすべき」という主張の人が言うならわかりますが、GIGAスクールで端末を整備している側が「文房具だ」というのはおかしいと思うのです。「文房具」をあまり強調すると「公費負担すべきではない」という議論になりかねません。

公費で整備するのであれば、文房具ではなく、教科書とか、教室の机・椅子と同じカテゴリーだと思うんですよね。もちろん、使う側が心得として「文房具だ」と言うのは何も気になりませんが。

なので、熊本市リーフレットでは、「文房具」という言い方は避けて「学習の道具の一つ」という言い方にしています。微妙すぎて誰も気づかない差かもしれませんが…。