政策作ってる人のブログ

政策をつくる仕事をしながら、考えたことを書いてみます。

所信表明

昨日、熊本市議会において所信表明を行い、教育長としての任命同意をいただきました。4月から熊本の教育の発展のために力を尽くしてまいりますので、よろしくお願い致します。

 

以下は所信表明の全文です(原稿なので実際の発言とは細部が異なります)。これからも初心を忘れず取り組んでいきたいと思います。

・・・

 

ただ今、教育長にご推挙いただきました、遠藤洋路でございます。教育長の職に臨むに当たっての所信を申し上げます。

 

ご紹介頂きましたように、これまで、文部科学省熊本県教育委員会等での勤務を経て、青山社中株式会社を起業し、国や自治体における政策支援を中心に活動してまいりました。その中で、本市における教育大綱策定のアドバイザーというご縁も頂きました。

 

国、県、市、民間の、それぞれの立場での業務、そして、学校教育、社会教育、家庭教育にわたる業務を経験してまいりましたので、これらの橋渡しという役割も含め、これまでの知見を活かしながら、教育長の職責を果たしてまいりたいと考えます。

 

本市教育委員会においては、熊本地震からの教育の復興、2020年からの次期学習指導要領への備え、保護者・市民の関心も高いいじめ問題への対応、また、これら全ての前提となる、教員が子どもと向き合う時間の確保など、多くの重要課題を抱えていると承知しております。さらには、県からの教職員給与負担の移譲も受け、政令教育委員会としての体制強化も急務であると存じます。

 

私も策定に携わりました熊本市教育大綱では、基本方針に「徳・知・体の調和のとれた教育の推進」を掲げております。本市の子どもたちが、優しさと、賢さと、たくましさに満ちた大人に成長できるよう力を尽くすことが、教育委員会の責務であります。また、子どもから大人まで、市民誰もが、「上質な生活都市」にふさわしい豊かな教育文化活動を楽しめるよう、関係部局とも連携しながら取り組んでまいります。

 

熊本の偉大な先人たちが築いてこられた「ひとづくり」の伝統を受け継ぐべく、本市教育の充実発展に尽くしてまいる所存ですので、よろしくお願い致します。