読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政策作ってる人のブログ

政策をつくる仕事をしながら、考えたことを書いてみます。

「ググれば1分でわかる」わけない。

あるサイトで、質問に対するコメントとして「そんなのググれば1分でわかる」と書いてあったので、ちょっと気になった。確かに、ネットで調べれば答えが出てくる質問に、「ググれば1分でわかる」と言いたい気持ちはわかる。ただ、ググって1分でわかったことが答えだと思うなら、それはあまりに危なっかしい。

 

何かを調べる時には、最初に答えを見つけるまでの時間より、それが正しいか検証する時間の方がはるかに長くかかる。例えば仕事で調べものをする時は、ググって一発でデータが出てきたとしても、それが正しいか確かめるために、手を変え品を変えて5~6回、あるいは20回も30回もググってみないと、危なくてそのまま使えない。当然ネット以外で確かめることもある。

 

大雑把なイメージでいえば、少なくとも、

調べる(1)→検証する(5)

くらいの時間配分にはなるはずだ。単位が「分」でも「時間」でも「日」でも、比率は似たようなものだと思う。「検証する」の時間がもっと長いことも多い。つまり、「ググれば1分でわかる」ことでも、それを確かめるのに最低5分は必要になる。

 

だから、どんな質問でも、「ググれば1分でわかる」わけはない。ただ、検索10秒、検証50秒、合計1分という神業の使い手がいれば、それは納得するけれど。