読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政策作ってる人のブログ

政策をつくる仕事をしながら、考えたことを書いてみます。

「しんかい12000」命名秘話(推測ですから)

昨年末、次世代の有人潜水船「しんかい12000」の概要が報道された。

深海底に滞在可能、2本の腕を持つ有人潜水船 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

世界一深いマリアナ海溝(10911m)よりも深く潜れる、と豪語するこの自信は何だろう。しかも、Y新聞でしか報道されていないのは何故だろう。

 

こうした疑問を徹底検証、できないので推測してみる。私の勤務経験から推測すると、「しんかい12000」の命名に当たって、文部科学省JAMSTEC海洋研究開発機構)の内部で、以下のようなやり取りが行われたのではないだろうか。

 

ちなみに、あくまで推測です(笑)

・・・

A係員:係長、宿題だった新しい潜水船の名前、考えました。「しんかい10911」はどうでしょう。

B係長:しんかい10911?なんか中途半端すぎないか?ていうか覚えにくいし。

A:でも、世界一深い海が10911mです。それ以上深くは潜れませんよ。

B:そりゃそうだけど、もっとキリがいい数字がよくないか?「しんかい11000」なんてどうよ?

A:それじゃ海底にメリ込んでますけど...。

B:いいんだよ。地震で海底が割れるかもしれないし、温暖化で海面が上がるかも。

A:え...どちらにしても90mも深くなりません。もしなったら、海に潜ってる場合じゃありませんよ。

B:いいっていいって。一般の人に覚えやすい名前じゃなきゃ。これで補佐に上げようぜ。

・・・

B:補佐、新しい潜水船の名前、「しんかい11000」でどうでしょう。

C補佐:11000?なんでその数字なんだ?

B:キリがいいからです。

C:そんな理由で名前を決める奴があるか。第一、覚えにくいだろ。

B:うーん...じゃあ、もっと覚えやすい名前ありますか?

C:「しんかい11111」でどうだ。こっちの方が覚えやすいだろ。1が5つ。

B:え...キリ番がだめでゾロ目ならいいって理屈がわかりませんが...。

A:それじゃ海底にメリ込んでますけど...。

C:まあいいんだよ。俺に任せろ。これで課長に上げるぞ。

・・・

C:課長、新しい潜水船の名前、「しんかい11111」でどうでしょう。

D課長:しんかいいちまんいっせんひゃくじゅういち?読みにくいね。もっとキリがいい数字ないの?

C:はい、課長。キリがいい数字にしましょう。

B:(補佐、さっきと言ってる事が...)

D:「しんかい12000」はどう?

A:(それじゃ海底にメリ込んでますけど...)

D:どうだ、いいよな?

A・B・C:はい。

D:じゃあ、まずはY新聞にだけリークして反応を探ろう。

・・・

 

と、こんな感じで、「しんかい12000」という名前が、Y新聞だけで報道されたのではないだろうか。

 

※この物語はフィクションです。実在の人物・団体とは関係ありません。