政策作ってる人のブログ

政策をつくる仕事をしながら、考えたことを書いてみます。

政策・選挙

選挙公報の1面に載ると本当に当選確率が高いのか(検証)

選挙の時に発行される「選挙公報」。この掲載順は抽選で決まるため、候補者ならば、できるだけ最初のページに載りたいと思うはず。では、本当に1面に載ると当選しやすいのだろうか。それとも、実は載る場所と当選率は関係ないのか。今回の統一地方選挙の結…

知事の6割が官僚出身

久しぶりにブログを書いてみる。というか本当に久しぶりですみません(^^;) 4月12日は統一地方選前半の投票日だった。10道県の知事選挙があり、現職が10人全員当選という結果になった。うち9人は中央省庁出身、いわゆる元官僚だ。 そんなに官僚出身の知事って…

ヤジの話で思ったこと(政策立案者と政策対象者の関係)

都議会のヤジの話についてはもう言い尽くされた感もあるけれど、一応思ったことを書いておきたい。僕が考えたのは、今回のヤジを、セクハラかもしれないが「正論」だ、と思った人が一定数いたのはなぜかということだ。 今回のヤジを正当化する理屈があるとす…

「ググれば1分でわかる」わけない。

あるサイトで、質問に対するコメントとして「そんなのググれば1分でわかる」と書いてあったので、ちょっと気になった。確かに、ネットで調べれば答えが出てくる質問に、「ググれば1分でわかる」と言いたい気持ちはわかる。ただ、ググって1分でわかったこ…

県より県庁所在地の方が有名な県はいくつ?

前回使ったgoogleの検索数を調べるツールが意外と面白かったので、何かあると色々いじってしまう。そこでふと、県より県庁所在地の方が有名な県はいくつあるのだろうか、というのが気になった。 異論を承知で言うけれど、愛知より名古屋の方が有名で、神奈川…

誰が地方分権を殺したのか。

そういえば最近、「地方分権」という言葉をあまり聞かない。 気のせいかなと思って、googleの検索数を調べてみたら、やはり最近はかなり減っている。2004年以降で「地方分権」という言葉の検索数の推移をみると、こんな感じだ。 2009年までは、波があっても…

都知事選の投票率をみて思うこと(投票率を上げるには)

東京都知事選、投票率は46.14%だった。極端に低くはないが、決して高くはない。私は、とにかく投票率が高ければいいとは思わない。投票を義務化して、選挙に興味も関心もない人が投票に行っても意味がない。 投票に行くことを強制されないで、なおかつ…

どうしても二大政党制にしたいなら、秘策がある。

最近ある所で政治学を教えていて、その中で選挙制度の話もする。動画講義なので雑談ができないのが残念だが、仮に教室で教えて雑談ができるなら、この話をしたいと思っている。 それは、「二大政党制になりやすい選挙制度は?」という話だ。普通は、小選挙区…

「おつもり」は敬語?

国会や地方議会の質問を作る仕事をしていると、たまに「おつもり」という言葉を聞く。というか、私もたまに原稿で使う。 「おつもり」とは、「つもり」に「お」が付いたもの。「考え」に「お」が付いて「お考え」になるのと同じようなものだ。毎度毎度、「ど…

「乾杯条例」がブーム!?

私は条例案を作る仕事もするのですが、昨年の条例界(?)では、「乾杯条例」を作るのが流行りでした。 「乾杯条例」というのは、その名のとおり、「地元のお酒で乾杯しよう!」という条例です。もちろん、ビールで乾杯しても罰則はありませんし、お酒を飲ま…